太もも筋トレはメリットがいっぱい?痩せたいなら太ももを鍛えよう!

ヨガポーズ
この記事を書いた人
三世さん

現役ヨガインストラクター
ニューヨークでRYT200取得
海外に12年程住んでいた。
好きなもの:動的ヨガ、アボカド、アイスコーヒー

YogaTaro(よがたろう)をフォローする

カラダの中で1番大きな筋肉はどこか知っていますか?
正解は「太もも」です。
太ももは鍛えることでメリットがたくさん。太ももを鍛えて痩せることもできるのです。
今回は太もも筋トレの方法とメリットをご紹介します。

太ももを鍛える効果とは?太もも筋トレのメリット3つ

太ももは筋肉がつきやすい場所でもありますが、鍛えることでメリットがたくさんあるのです。

足を太くしたくない!

という女性も多いと思いますが、脂肪を燃やすには筋肉は必要なもの。
筋肉をつけた方が、足も引き締まるのです。太もも筋トレの主なメリットをご紹介します。

冷えの改善

太ももの筋肉はカラダの中で1番大きな筋肉です。筋肉はカラダに熱を作るもの。
太もも鍛えてあげると、カラダの基礎代謝が上がりカラダを温めてくれます。
太ももの筋トレは冷え性改善にも効果的なのです。

ダイエット効果

太ももの大きな筋肉を鍛えると、太ももで消費されるエネルギーが増えます。
カラダの筋肉が増えると代謝がアップして太りにくく痩せやすいカラダになり、太ももを鍛えるのは代謝アップにとても効果的なのです。
太もも筋トレにはダイエット効果もあるのです。

怪我の防止

太ももを鍛えることで怪我の防止にもつながります。
下半身の筋力低下は腰やひざなどに負担を与えてしまいます。年齢とともに筋力は低下してしまうもの。
お年寄りがよく関節などに怪我を負ってしまうのも、筋力低下が大きな原因のひとつなのです。

太ももの筋力低下は痩せにくい原因にも?大腿四頭筋とハムストリングスについて

太ももの前にある筋肉(大腿四頭筋)も、後ろの筋肉(ハムストリングス)も、どちらもカラダの中で大きさトップ3に入る筋肉です。
ふたつの筋肉について鍛えるメリットをご紹介します!

代謝アップに大切な大腿四頭筋

大腿四頭筋という太ももの前側の筋肉は、身体の中で1番大きくてパワーのある筋肉です。
大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋という4つの筋肉からできている大腿四頭筋は、歩いたり立ったりするのに不可欠な筋肉。
大腿四頭筋の筋力が低下して衰えてしまうと、立ち上がるのに苦労したり歩行も困難になったりします。

よが太郎
よが太郎

お年寄りの方が立ち上がるのが大変そうなのも、大腿四頭筋の筋肉が年齢とともに衰えてしまうのが大きな理由です。

大腿四頭筋は1番大きな筋肉なので、この筋肉を鍛えることは代謝アップにも欠かせません。

腰痛にも関係するハムストリングス

ハムストリングスは太ももの後ろにある筋肉で、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の総称です。
ハムストリングはカラダの中で3番目に大きな筋肉であり(2番目はふくらはぎ)、ハムストリングスを鍛えることも代謝アップにつながります。

よが太郎
よが太郎

ハムストリングスはひざの屈伸や後ろに足を引く時に使う筋肉で、鍛えづらい筋肉と言われています。

太ももの前面にある大腿四頭筋は逆に鍛えやすく、バランスよくハムストリングスも鍛えないと、肉離れなどの原因になってしまうので、一緒に鍛えてあげましょう。
ハムストリングスが硬くなると骨盤まわりの筋肉を引っ張ってしまい、腰痛の原因になってしまうので、運動後にはよくストレッチしてほぐしてあげるのも大切です。

ローラーを使って筋膜リリースをするのもおすすめです。詳しくはこちらの記事をごらんください↓

太ももを鍛えて痩せよう!太もも筋トレ2選

まずは太ももを鍛えるエクササイズを2つご紹介します。
太ももを鍛えて代謝アップを目指しましょう!

ワイドスタンススクワット

足を開いて広げて行うスクワットで、足幅が狭いスクワットよりもやりやすいです。
足を閉じる動作により、大腿四頭筋もハムストリングスも鍛えてくれるスクワットです。
バレリーナもこのようなエクササイズでトレーニングします。

やり方

  1. 足幅は肩幅より広く立ち、つま先は外に45度程回転させる。
  2. ひざを太ももが床と平行になるまで曲げる。
  3. ひざをしっかり伸ばす。
  4. 5〜10セット行いましょう。
ひざを伸ばす時に足同士を引き寄せる意識を持ち、内ももの筋肉を意識して使いましょう。
ひざとつま先が同じ方向になるように注意しましょう。

ハイランジ

足を前後に大きく開くスクワットです。
足全体の筋肉を鍛えてくれる力強いポーズです。
ヴィンヤサヨガやパワーヨガなどでよく見かけるポーズです。

ヴィンヤサヨガのオンラインレッスンならアンダーザライトヨガをチェック!

やり方

  1. プランクポーズになる。
  2. 右足を手と手の間に踏み込み、ひざは90度に曲げる。
  3. 両手を上げて上半身を起こす。
  4. そのままゆっくり2〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じようにやる。
後ろのひざが緩みやすいので、しっかり伸ばしましょう。

太もも筋トレの後はストレッチもセットでしよう!太ももストレッチ2選

太ももの筋肉を使った後は、ストレッチも忘れずにセットで行いましょう。
座りっぱなしや立ちっぱなしで圧迫されていた下半身の血行促進にもおすすめです。
大腿四頭筋を伸ばすものと、ハムストリングスを伸ばすものをそれぞれご紹介します。

三日月のポーズ

股関節を大きく開き、大腿四頭筋をストレッチできるポーズです。
股関節まわりの筋肉も伸ばして、股関節の柔軟性を高めてくれます。

やり方

  1. プランクポーズになる。
  2. 右足を大きく一歩、手と手の間に踏み込み、90度に曲げる。
  3. 両手は合掌して上に伸ばす。
  4. そのまま2〜5回呼吸する。
  5. 反対側も同じようにやる。
股関節まわりの力を意識的に緩めてストレッチしましょう。

半分の猿王のポーズ

ハムストリングスをしっかりストレッチできるポーズです。
しっかり伸ばしてあげることで腰痛改善、下半身の血行を促進してむくみの改善などにも効果がみられます。

やり方

  1. プランクポーズになる。
  2. 右足を大きく一歩踏みこむ。
  3. 息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながらお尻を後ろに引く
  4. そのままゆっくり3〜5呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じようにやる。
ひざが伸びきらない時は、無理せずに伸びるところまでで大丈夫です。

太ももを鍛えて痩せよう!

太ももはカラダの中で一番大きな筋肉がある場所。
鍛えることで代謝アップが目指せます!
ヨガで太もも筋トレダイエットしてみませんか?

体験無料!オンラインヨガのソエルなら好きな時間に自宅で本格エクササイズができます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました