ヨガインストラクター資格を海外で取得するには?NYでRYT200取得の体験談も!

ヨガインストラクター
この記事を書いた人
三世さん

現役ヨガインストラクター
ニューヨークでRYT200取得
海外に12年程住んでいた。
好きなもの:動的ヨガ、アボカド、アイスコーヒー

YogaTaro(よがたろう)をフォローする

ヨガインストラクターを目指そうと思ったら、考えるのは資格についてですよね。
ヨガインストラクター資格は海外でも取得でき、RYT200を取得したら海外で働くことも可能です。
今回はRYT200の海外でのヨガ資格コースとはどのようなものかを含め、海外での取得方法についてご紹介します。

ヨガインストラクター資格を海外で取得するには?

ヨガ資格を海外で取得する方法は、ざっくり分けてふたつあります。

  • 日本のヨガスクールで開催されている海外での取得コースを受講する
  • 個人で海外に行き、取得コースを見つけて受講する

このふたつの方法についてご紹介します。

日本のヨガスクールで開催されている海外での取得コースを受講する

このやり方は色々と自分でする事の手間が省けて、便利でしょう。
英語に自信がなくても大丈夫です。

三世さん
三世さん

ですが海外で受講する醍醐味(英語でヨガを学ぶ、海外の人と共に学ぶなど)は薄れるかも知れません。

ですが日本のヨガスクールで管理されているので安心ですし、帰国後もスクールとの関わりを続けられます。

個人で海外に行き、取得コースを見つけて受講する

このやり方は、海外に慣れている人や自分で色々決めたい人におすすめです。
アメリカはESTAで3カ月滞在可能なので、ESTAのみで特別なビザをとる事なく、ヨガ資格の取得も可能です。

三世さん
三世さん

筆者はアメリカに住んでいたため、アメリカで取得しました。
ヨガ資格は1カ月程度のものからあるので、短い期間のヨガ資格コースなら、特別なビザなしで個人でも受講できますね。

コスパを考えると、日本で取得するのと交通費や滞在費を含めても大差ないです。
英語力と時間がある方はぜひ!

海外コースのある日本のヨガインストラクター養成学校2つ

海外でヨガインストラクター資格を取得できるコースがあるヨガスクールを2つご紹介します。
どちらもRYT200が取得可能です。
短期集中して資格を取得できるので海外コースはおすすめです!

ハワイやバリの自然の中で取得!ymcメディカルトレーナーズスクール

ハワイとバリにて海外ヨガ取得コースが開催されているymcメディカルトレーナーズスクール
海外コースは短期集中型で最短14日~1か月でRYT200が取得できます。
自然や異文化に触れながら、ヨガだけに集中できるのが短期コースの魅力ですね。
日本語が話せる講師によるレッスンなので、語学に自信がなくても大丈夫です。

ymcヨガスクールの公式HPはこちら

ハワイで取得コース
期間 4週間
少人数制で、校舎はアラモアナショッピングセンターのすぐそばです。
¥594,000円(入学金、授業料、教材費含む)
※渡航費、宿泊費等、は含まれません
バリで取得コース
期間 14日間
大手旅行代理店のHISバリ支店との提携しているので、留学手配のサポートも安心。高級リゾートでのヨガ資格コースです。
¥330,000円(入学金、授業料、教材費、宿泊費、食費、空港からの送迎費を含む)
※渡航費、海外保険代は含まれません

ymcヨガスクールの養成講座の体験予約はこちら!

インドやオーストラリアも!FIRST SHIP

ハワイ、バリ、インド、オーストラリアなど、海外でヨガを学べるコースがあるFIRST SHIP。
日本の喧騒を離れて、大自然やパワースポットの中でヨガだけに集中できるのが大きなメリットです。
異文化に触れたい方、デトックスやリフレッシュしたい方におすすめ。
アシスタント兼通訳が同行するので語学力が不安な方も安心です。
(現在は次回の海外コースは未定です)

FIRST SHIPの公式HPはこちら!

FIRST SHIPの資料請求、お問い合わせはこちら!

海外のRYT200のコースは具体的にどんな感じ?NYでRYT200を取得した感想!

筆者がヨガ資格を取得したのは2013年なので、結構前になってしまいますが、当時受けたヨガインストラクター取得コースについてご紹介します。

筆者が受講したのはニューヨークではありますが、RYT200取得のためのコースはカリキュラムが全米ヨガアライアンスによって制定されています
スクールによって違いはあれど一定の水準を満たす決まりがあります。

三世さん
三世さん

海外でのRYT取得を目指している方はもちろん、国内で目指してる方も参考になればと思います。

場所 Yoga to the people ニューヨーク
期間 3ヶ月間(主に土日の一日中と金曜日の夜)
生徒 30人くらい(日本人は私のみ)
先生 10人くらい

アーサナ

いくつかの基礎的なアーサナについてとても詳しく習いました。
ダウンドッグや戦士のポーズ、チャトランガなど細かく習った記憶があります。
よくある勘違いや正しいやり方と使われる筋肉など。

三世さん
三世さん

カラダの細かい筋肉の名前やパーツなど、日常生活で使わない単語も出てくるので、英単語の語彙が増えました!

それまで三点倒立はできなかったのですが、ヨガ資格コース中に、ある日突然できました!あの驚きと感動は忘れません。

呼吸法

メジャーな呼吸法についても習います。
カパラディ呼吸法というのは、ローソクの火を揺らす程度と言われていますが、実際にローソクに火を灯して行いました。
ナウリ呼吸法という、片岡鶴太郎さんが行っていることで話題になっている呼吸法も習いました。お腹をペターンとする不思議な呼吸法です。

三世さん
三世さん

呼吸法は当時は「なんだこりゃ?」と思いつつ行なっていましたが、なぜか数年経った今の方がしっくり行える気がします。

ヨガ哲学や瞑想法

筆者はダンスをやっており、ヨガのインナーマッスルの筋トレ効果に惹かれてインストラクターコースを受けたので、ヨガ哲学や瞑想法は

三世さん
三世さん

興味ないのに…

と思っていました。(逆にヨガのエクササイズ的な部分より哲学や瞑想法が好きで来ている人も半数以上はいました)

しかし、学んでみるとヨガ哲学や瞑想法はスピリチュアルなものではなく、日常やヨガのレッスンのパフォーマンスに効果をもたらすもので、面白かったのです!

三世さん
三世さん

多分教えてくれた先生が良い意味で現実的で、良かったのだと思います。
スピリチュアルな感じだったら食わず嫌いで終わっていたでしょう。

解剖学

解剖学はアーサナの練習と共に授業で習ったり、「Bodies:The Exhibition」という展覧会を見
に行かされました。

Bodies:The Exhibitionとは、プラスチネーションと呼ばれるプロセスによって保存され、身体のシステムを表示するために解剖された人体を展示する展覧会です。
2005年8月20日にフロリダ州タンパでオープンしました。展覧会Body Worldsとは関係ありません。 Wikipediaより引用

解剖されたリアル人体なので

三世さん
三世さん

無理無理!そんなの見れないよ〜!

と思っていましたが、これもまた見てみると怖さはなく、人体の神秘に惹き込まれました。自分から進んでは絶対にしない経験だったので、むしろ良かったです。

指導法

指導法は初めはヨガ資格コースの受講者同士で、生徒役、先生役をして感想を言い合ったりします。
そして徐々にそこのヨガスタジオで講師の先生に見守られつつ、実際に何度もレッスンを教えます。

三世さん
三世さん

初めにヨガをずっと英語で教えていたため、帰国後はヨガポーズ名や動きの言いまわしなどを日本語に覚え直さなきゃいけなかったです。

色々なヨガ(ロケットヨガ・パートナーヨガ)

ロケットヨガというアームバランスポーズが連なるヨガや、パートナーヨガという2人で行うヨガなども専門の先生が来てくれて数時間ほど習いました。
全部教える時間はないので、もっと習いたい人は受けに来てね〜という感じです。

三世さん
三世さん

どちらも運動量の多い楽しいヨガです。日本ではまだあまり無いようです。機会があったらもっと学びたいヨガです。

108 Sun Salutation

太陽礼拝は英語ではSun Salutation
ヨガの基礎である12のポーズを、流れるように行うエクササイズです
それを108回行うもので、動く瞑想と呼ばれています。
太陽礼拝を1回行うにつき、豆粒を動きの一部でザルからザルへ移すことで数を数えます。

三世さん
三世さん

自分のタイミングで108回行うのですが、流石に汗だくになりました。
動く瞑想と呼ばれるだけあり、どんどん思考が止まり、考えなくても勝手にカラダが動く不思議な感覚になりました。
ヨガ資格コースの締めに行った思い出深いレッスンです。

ymcヨガスクールでは毎年12月に108回太陽礼拝を行うのが恒例のようです。興味がある方はぜひチャレンジしてみては?

ymcヨガスクールの体験レッスンはこちら!

ヨガインストラクター資格ならRYT200

RYT200はヨガに関する「ひとりでは学べないこと」や「自ら進んで学ばないこと」をたくさん学べるいい機会です。
ヨガインストラクター資格を取得したい方はもちろん、ヨガを深めたい方にもおすすめです。
自分が満足できる資格コースを見つけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました