ヨガインストラクターの給料ってどのくらい?働き方別の相場を紹介!

ヨガインストラクター
この記事を書いた人

ヨガをメインに心とカラダを豊かにする情報を発信します。

YogaTaro(よがたろう)をフォローする

ヨガインストラクターを目指そうと思っている方は特に、ヨガインストラクターの給料が気になりますよね。
ヨガインストラクターの給料は働き方によって差があります。
今回はヨガインストラクターの給料についてご紹介します。

ヨガインストラクターの給料の相場を働き方別にチェック

ヨガインストラクターには、正社員やフリーランスなど、いくつか働き方があります。
正社員としてヨガインストラクターのみを仕事にしている人もいれば、副業としてフリーランスをしている人も。

ヨガインストラクターの給料は働き方によって違いがあり、働き方別の給料の相場をご紹介します。

ヨガスタジオやジムの正社員

ヨガスタジオやジムの正社員の月収は、地域やスタジオによっても差はありますが、18万〜30万程度と言われています。

正社員のヨガインストラクターは、ヨガのレッスンを受け持つ以外に、スタジオの事務や受付、清掃などの業務も担当します。
正社員の魅力は毎月決まったお給料があり、福利厚生などもあるところですね。

大手のヨガスタジオによっては、未経験のヨガインストラクターや、資格をまだ取得していない人でも、取得のサポートを受けながら働けるところもあります。
まだ経験が浅いヨガインストラクターでも、受け入れられやすいのが正社員と言えるでしょう。
昇給があるスタジオでは、頑張れば月収30万程度まで上がるようです。

委託事業(フリーランス)

委託事業の場合は1レッスンごとに、お給料が発生します。
60分〜90分程度の1レッスンで、3,000〜6,000円が相場になり、経験によって給料は高まります。

フリーランスのヨガインストラクターは、比較的自由度の高い働き方です。
ヨガスタジオやジムと委託契約をして、レッスンを担当します。
仕事内容はレッスンを教えるのみなので、指導に集中できていいですね。

フリーランスは、ある程度の経験があるヨガインストラクターに向いている働き方で、未経験だと採用してもらえないケースもあります。

フリーランスは1日何レッスン担当するか、交通費などが支給されるスタジオなのか、などによって月収は変わってきます。
自由度が高いので、副業としてヨガインストラクターをする場合は、委託事業が適しています。

アルバイト

ヨガスタジオのアルバイトの時給は、約1,000円〜になります。

アルバイトの仕事内容は、ヨガのレッスンを担当する以外にも、事務や受付、清掃も業務に含まれます。
ヨガインストラクターとして経験を積みたい未経験の方などに向いた働き方と言えます。
昇給があるスタジオでは、経験に応じて時給アップも可能です。

ヨガスタジオの個人経営

個人経営は1番リスクも高く、色々なスキルが必要になりますが、やり方によっては1番稼ぐことが可能です。
個人経営の場合は、インストラクターよりも経営者としてのスキルも重要になり、立地や集客、経営状態も大切なポイントです。
スタジオのレンタル代や広告代などの費用も考えて運営しなければなりません。

経験を積んだヨガインストラクターは、大きなスタジオではなくても、個人でヨガ教室を開催するのは、やり方によっては収入を増やす方法のひとつになります。

出張レッスン

あまりメジャーな働き方ではありませんが、出張でレッスンを行う働き方もあります。
出張レッスンは1レッスンごとの委託事業で行われることが多く、単価は高めで5,000円〜数万円と幅があります。

出張レッスンは出張ヨガサービスを営む会社にインストラクターとして登録したり、口コミで頼まれたりして行います。
仕事内容は、会社に派遣されて、リフレッシュのためのヨガレッスンを行ったり、介護施設などから頼まれてシニア向けのヨガを行なったりします。
有名インストラクターなら、ヨガスタジオにワークショップなどをお願いされて出張レッスンを行なったりもします。

単発なども多く、出張レッスンで安定した収入を得るのは難しいでしょう。

ヨガインストラクターとして給料アップを目指すには?

ヨガインストラクターとして働くのなら、徐々に給料アップも目指したいですよね。
ヨガインストラクターは他の仕事と比べて、稼ぎのいい仕事とは言えません。
ですが働き方や個々のやり方によって、同じヨガインストラクターでも給料には差が出るようです。
ヨガインストラクターとして給料アップを目指す方法をご紹介します。

経験を積む

地道に給料を上げる方法のひとつは、経験を積むということです。
アルバイトや正社員のヨガインストラクターでも、経験が長くなると昇給が見込めます。
経験を積むことで、経験が浅いと採用率が低い『委託事業』に置いての採用率も上がります。

経験を積むことで、働き方も選べるチャンスが増え、キャリアアップできるようになるでしょう。

スキルアップ

ヨガインストラクターは、スキルアップすることも、給料アップにつながります。

例えばRYT200だけではなく、RYT500の取得を目指したり、アロマ検定やアーユルヴェーダなどを学ぶことも仕事の幅を増やしてくれます。
他にも有名ヨガインストラクターのワークショップを積極的に受けて勉強することも、レッスン内容の充実につながります。

資格の取得や勉強にはお金がかかりますが、投資した分、回収しやすい職業とも言えるでしょう。

委託事業+個人経営

ヨガインストラクターとして、たくさん稼げるようになりたい方は、委託事業+個人経営という働き方を目指すのが主流とも言えるでしょう。

ヨガインストラクターとして1番稼げる方法は、やはり自分でヨガスタジオ経営することです。
ですが、経験が少ないまま個人経営を始めても、顧客はつきにくいかも知れません。

初めはヨガスタジオでインストラクターとして働き、経験を増やしましょう。
自分のレッスンに定着した生徒さんが増えてから、委託事業に働き方を変えつつ、フリーランスとして独立してヨガ教室を始めるという流れがいいようです。

ヨガインストラクターは色々な働き方があり、経験によって働き方も変化させることが、給料アップにつながると言えます。

ヨガインストラクターとして楽しく働こう

趣味のヨガを仕事にできたら楽しいですよね。
ヨガインストラクターは、健康的に働ける魅力的な職業です。
ヨガインストラクターとして楽しく働きながら、キャリアアップを目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました